FC2ブログ
topimage

2019-11

『第3回Eat&Hartセミナー』 - 2010.04.12 Mon



       昨日の 『第3回 Eat&Hart セミナー』
              ~LGSの問題と対処方法~


            


           <タイムスケジュール>
                13:30~15:00 LGSについて
                15:00~15:15 休憩
                15:15~16:15 4R法について
                16:15~16:30 質疑応答

            資料:先生が用意してくださる4/11用のレジュメ
            テキスト:「胃腸が弱い」ではすまされない(LGSの危険信号)


                  今回も、、先生の多岐にわたる話し・・大充実の内容でした
                   チンプンカンプン、、の表情に「解る?」と話し止めて・・更に解りやすく・・
                   本当に感謝イッパイです
                    大好きなププッの独り言付・・


        本村先生:「では、始めます~~!」  ≪私:ドキドキ≫
        本村先生:「まずは・・人間の医療分野で指摘されたLGSですが、最近のペットにも
                非常に多い・・と思います。
               LGSは疾患ではなく、消化管粘膜に浸透性が高まったことに関与した
                状態に対して用いられる言葉です」
                                  ≪私:???イミガゼンゼンワカリマセン :::≫  


           からスタートしたセミナー
             
          1. LGS(腸管浸漏症候群)とは
            腸管壁の細胞同士の間に大きな空間(穴)が出来てしまう状態
               本来、身体に必要な栄養素などの分子は小さくなって細胞の中を通過して
                体内に入るが、それ以外の異物・悪い細菌や食品の大きな分子がそこを
                通過してしまう状態になる

         2.腸管の働き
            (1)栄養素の運搬
            (2)免疫系の存在
            (3)分泌型IgAの抗体の存在
                 腸管(1ツずつの細胞の図示で説明を受けて、やっと理解)には
                  各々に核を持った細胞が無数・・その1つ1つの細胞の間には
                  desmosomesというタイトアジャスター(接合部)
                   =大きな分子は通り抜けない=体内に入らない
                  が、LGSの個体では、このdesmosomesに空間(穴)がある為
                   通過できる=体内に入ってしまう
     
         3.LGSのトラブル
            (1)消化吸収 (食物アレルギーの原因)
            (2)免疫系  (腸の粘膜=バリアの破壊)
            (3)肝臓解毒 
                   全てのモノ(栄養素・寄生虫(原虫)ナド)が肝臓に送られる
                    ので肝臓の働きがいっぱいいっぱいになり、破たんして
                    しまう  

         4.LGSの原因  
            (1)鎮痛剤の乱用 (非ステロイド系消炎剤<プロスタグランジンの作用>)
            (2)抗生物質
            (3)ステロイド゙剤
            (4)慢性ストレス
            (5)質の悪い食事  (腸内バランスを崩してゆく)
            (6)ワクチン接種
             (7)活性酸素・環境の悪化
            (8)グルテン(生食であっても・・トリーツで与えれていれば同じ)
                      犬・猫におけるLGSの1番の原因
              他には、ディスバイオーシス・老化・化学療法・放射線療法(腸管細菌叢が混乱
              ・細菌の転位)・食物アレルギー・食物過敏症・胃腸系疾患・分泌型IgA不足
               塩酸分泌不足

          5. LGS/胃腸の改善方法 
             下記の4つ全てをする必要はない・・
            (1)Remove (アレルゲン除去)
            (2)Repair (回復の為の栄養サポート)
            (3)Replase (元の状態に戻す)
             (4)Reinoculate (プロバイオティックス・プレバイオティックスの再植付)
   
  
       **私の解読難のメモはA43枚(両面)**

           私がドキッとしたコト
            理解できたコト、そして始めたコトのMEMOです

            ■胃腸が変?LGS?・・と思ったら
               過去のフード歴(トリーツも含め)・ステロイド剤・抗生物質
                鎮痛剤・ストレス・混合ワクチン(何種?)・過剰な運動
                 ヲ振り返ってみると参考になる
           
            ■LGSの個体への病気治療
              例えば、肝臓治療をする前に・・LGSの腸の修復が必要
               治った肝臓もLGSによって再発してしまう・・・繰り返し
               
            ■LGS? と疑う症状には
               不定期な排便・嘔吐・便秘・軟便・ガス(息が臭い)・粘膜便・血便

            ■犬の胃の中が強酸(ph2)だからこそ、胆汁・膵液が分泌される
               <強酸でなければ、スイッチONにならない>
                         
         なごむがLGSだと・・誰も何も診断はできません
             でも、LGSを勉強して・・思い当たることが多い☆のは事実
             だから、今出来ることとして・・・

         なごステップ1
           『Repair』を始めました!!
             その中でも段階を踏んで1つずつです
               胃液を強酸にすること <りんご酢>
               腸細胞の必須エネルギー源を加える <グルタミン>
                               *条件下必須栄養素です
                                 通常の生食ではサプリ補給の必要ナシ
 

               ・・・・・で、目安1ケ月、様子をみます

               正常な腸の運動の為には、
                   副交感神経優位(リラックス)と食物繊維


               次のステップに希望を持って
                胃が強酸になったら、この時はじめてきちんと
                 作用する『消化酵素』です☆



                
          ぎゅぎゅ~と内容の濃い昨日の3時間余り
            今日の記事に誤りや不足な表現があると思うけど・・
            とって~~も、前向きな頑張りになれたセミナーでした



  
 

          
        
          セミナー終えて帰宅後
            ヘロヘロだけど・・意気揚々<ハイなだけ>


           サプリショップへ withなごむ

              ショップスタッフ:「何かお捜しですか?」
              私     : 「この犬に‘グルタミン’をあげたくて捜しています」 
              ショップスタッフ:「あっ、ワンちゃん用ですよね。良く聞かれます」

                !?
                 ::::::手に持ってきたのは「グルコサミン」    


                 ☆お店の方が調べてくれ、スポーツショップで購入しました 



                     
スポンサーサイト



● COMMENT ●

いつも色々参考になります☆
今回も報告待っていました(笑)

「グルテン」・・・今まで存在自体を気にしたことも
なかったので、おやつの表示も確認しなくちゃですねi-202

セミナーのあとは頭がパンパンになりますよね~。
お疲れさまでした。
これで、なごむくんも安定してくれるといいですね♪

セミナーお疲れ様でした。
本当に今のなごむ君の症状に似ていますよね。
良いタイミングで一番聞きたかった内容だったかも知れないですね。
私も楽しみにしていたのですが、祖母の納骨と重なってしまって・・・先生の許可を頂いて今回はお休みさせて頂きました。次回はまたご一緒に勉強できることを楽しみにしています。

飼育係さん、すご~い!
こんなに深いセミナーを受けて、頑張ってらっしゃる。
何かの手がかりを得られそうですよね。
手繰りよせた糸が何かを引き寄せそうな予感!
すごく難解な内容ですが、いい方向が見つかりそうで
私も嬉しくなりました♪
オチのグル・・・。私もグルテン、グルタミン、グルコサミン、グル続きで判別不可能になりそうです~。

あきんこさんへ

今回も・・夢中の勉強時間でした。
頭は疲れ過ぎてるのに・・夜まで高ぶってしまいました<笑>

(いつもですが)内容が充実過ぎて・・全ては残せません~
「グルテン」、、ちょっとだけ気にかけてみてください☆

今回の勉強が、なごむの大きなパワーになったら嬉しいです。

ミントママさんへ

今回、セミナー案内に気づくのが遅く・・ギリギリの申し込みと
なってしまいました。
でも、‘今知りたい’テーマでしたので、力入りました<笑>

次回は、またご一緒できますように♪

りかさんへ

カタカナ用語と難しい栄養素用語で・・頭の中はグルグルです<笑>
本は読んでいても、、きちんと理解できていないコトの多さ・・
(あれっ~読んでいたのに・・の連続<汗>)

勉強したこと・・で出来ること☆から、始めてみました。
少しでも良い方向に・・と思います。

グル・・、、そぅなんですょ。
私も高まる気持ちで勢い良くサプリショップに向かっていたので
早口言葉のように、繰り返しているうちに何を捜しに来たのか、
一瞬忘れてしまいそぅでした。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nagotan.blog106.fc2.com/tb.php/931-2d11825b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『第3回Eat&Hartセミナー』 ちょっと追記 «  | BLOG TOP |  » 「似合ってる?」&『第3回Eat&Hartセミナー』

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

飼育係

Author:飼育係
B型・うお座 ‘なごむ’と一緒の毎日を楽しむ私

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる