FC2ブログ
topimage

2020-02

病院報告 - 2008.03.16 Sun




   昨日・今日と 気持良い空気

 なのに・・・「まったりムード」の日曜日(=緊張から開放の疲労?)
    それにしてもダラケ過ぎ0316-1.jpg



 昨日 予定通りに向かったのは、横浜のでした
 
  前回の診察時に飼育係の意思で「開腹手術」の仮予約をしていました
   *開腹してみないと今現在の実状況は解からない
   *院長が執刀をしてくださる
      &飼育係の監視が出来る日にちを考え、15日(土)

  それでも、直前まで迷いました
  (思い立ったら~~ノ飼育係)
   先週も図図しくに連絡・メールでいろいろなコトを確認

   当日の決心の心強い励みは
    暖かい応援のメール  「ありがとぅ
    そして、、(初なのに)電話で丁寧に不安な質問に対応
      してくださった院長の言葉でした
             
  院長・担当してくださってきた獣医師への信頼1つで向かいました

   なごむは::::
    金曜日の夕ご飯から完全絶食0316-2.jpg
         *唇噛んでるしぃ~
 
    出発にはお守りつけて・・・0316-3.jpg

       で・・憂鬱?無気力P3140436.jpg



    診察室に呼ばれ、最高緊張の時!
      ・・・・・・・ですが、、穏やかでにこやかな院長
       飼育係:「はっ・はじめまして○○です」
 
     診察台には身体を仰向けに固定できるクッションが置いてあり
      すっぽりはまっているので、なごむもだらぁ~ン
     健康診断・触診。。。
     その間、ずっ~と穏やかにいろいろな話しをしてくださいました
       今、考えると質問されたのは日常のなごむのコト
        その中でなごむが今、違和感あるのか・・生活に支障があるのか・・
         を判断する為に気にかけての質問だったのかも・・
       飼育係にも聞かれました
         飼育係ハ即答:「気にしていないと思います」
     
 
     院長からの言葉
      「絹糸が体内に残っているコトで肉芽腫の心配は解ります
       勿論、一番の解決方法は開腹です
       目で見て診察・診断ができます、そして糸を変更することで
       安心を得られます
       ただ・・・今、犬が苦痛や違和感がなく、毎日の生活に問題
       支障がないのでしたら、敢えて、今 開腹オペによる変わって
       あげれない体・精神的な痛みをさせないのも1つです
       今後、縫合糸(絹糸)がどんな影響を及ぼすかは解りません
       が、悪影響・化膿する確率は100%!ではありません
       症状が出た時にも今回と同じ処置をします
       その時には私が責任を以って処置します・・・
       元気な身体を少し見守ってあげてはどぅでしょうか」

      説明を聞きながら涙がつぅぅぅぅ^^^
      
      なごむの先を大事に想い考えていたつもりでしたが、
      今、こぅして普通に過ごせるコトがとっても大切なコトなのです
      そして、院長の動物への愛情も・・

      担当して頂いた先生の丁寧な診察と熱意
       院長が知る犬への大きな負担と想いで
       開腹手術は未定の延期(?)に致しました
      1ケ月半のモヤモヤ??、
         今は(完全ではないけれど)納得できています・・

      *獣医師・院長の言葉そのままではありません
       飼育係の胸に残った言葉ですので誤りがありましたら、、
        申し訳ございません



  飼育係は(確かに)心配性で早合点・即行動が多い
  そして、今回もまた大勢の人の暖かい気持と
      言葉に勇気を頂き、教えられとっても大きな大切な勉強でした
  

  間接・歩き方・歯石なども時間をかけて診て頂き
   安心して病院を出ました
      又、、次の?に遭遇したら(するんだろぅなぁ~)
      必ず相談・通院をしたいと思っています
         「本当にありがとぅございました」


::::::で、、なごむ
   を出れば開放 おおはしゃぎ
            0316-5.jpg
     まずは飼育係、休息のお茶
         でなごむはMILK(ド○ールはカップだけいただきました)
 
  
    嬉しい 全くの想像外の土曜日になりました!!
     ので 何も用意がないままそのまま「遊び」に行ってきたょ~~      



       






  今回、院長が「肉芽腫」を口にしたのは・・
  飼育係が事前に(素人ながら・・と)お伝えしていたからです

  かかりつけの病院で「縫合糸による○○・・」と聞いた時から
  理解が出来なかった為に気になり、いろいろを読んで知った病名でした

  診察の際にも一度も口にはしませんでした・・
  勿論、病院からも聞いてはおりませんでした・・
    <その症状ではないかもしれないんデス>

  勝手に・・不安になっていた病名でした
  先週、、不安イッパイの時,、その1つとしてお伝えしました
  その回答をしてくださっただけです

   絹糸で縫合した場合、皆が「縫合糸肉芽腫」になるわけではありません
   可能性はとても低いそぅです
   絹糸(縁った糸)だからこそ、良い点もたくさんあるそぅです
   決して・・決して、、、、皆がサンの手術の時の
   心配にしないでくださいネ

             *上手にお伝えできないでごめんなさい*

    
スポンサーサイト



● COMMENT ●

病院、お疲れ様。そしてこの数ヶ月のモヤモヤ心労もお疲れ様。
やたらと手術したがったり、無理な治療、投薬をしてお金儲けにはしる病院も多々ある中、大きな病院であるのに、ちゃんと現実と「なごむ君」自身の安全を考えてくださった、素晴らしい病院に出会えたね。
「もしかしたら」の心配を知っているのと知らずにすごして大事になるのとでは、全然違いますから、今後あまり心配ししぎずに見守って、なにか症状が出たら飛んで行っても、十分処置できるようになったと思います。
飼育係さんの心配が今後の大きな安心につながるんだよね。
でも、ホッとして心穏やかな週末を迎えられて良かったです。

ミントママさん:いつもありがとぅ

ミントママさん:本当にありがとぅございました

いつも親身に、私以上に良い方法を・・と心配をして頂き、
暖かくて勇気の言葉をありがとぅございます。
ママさんとお話した病院との付き合い方、聞くべきことはきちんと質問する、、の姿勢を守れました。
ママさんと同じコトを院長もおっしゃっていましたょ「心配しすぎないで見守ってあげることも一緒に暮らす中で大切ですょ」と。
普通・・ってその子によって様々ですよね。
そろそろ・・なごむの普通(3足歩行もビッコも)を解ろぅょ!と思えました。
ママさんがミント君を見守るよぅに。。優しく大きな気持で。。
メッセージ、昨日も今日も・・とても嬉しかったですありがとぅございます。

良い病院と先生に出逢えて、本当に良かったですね。
飼育係さんのいろんな思い、不安が次の不安を生んでしまって辛かった事と思います。
心穏やかなお休みになって本当に良かったです(^^)
なごむくん、夕飯はスペシャルディナーだったかな?♪

達己さん、ありがとぅ♪

達己さん:ありがとぅ♪

病院・・先生の言葉・対応で安心出来ました。
場所が遠いので「すぐ」には行けませんが、心強い出逢いでした。
病院ヲ出ると「食欲スイッチON」ですごい勢いでしたぁ~
夕食はステーキにしましたょ☆


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nagotan.blog106.fc2.com/tb.php/306-a08b2123
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

なごむサン、又事件です! «  | BLOG TOP |  » いってきます!

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

プロフィール

飼育係

Author:飼育係
B型・うお座 ‘なごむ’と一緒の毎日を楽しむ私

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる