FC2ブログ
topimage

2019-12

プレゼント~&残したかったコト - 2007.12.23 Sun

   イヴのイブ
  
    昨晩の冬の嵐から一転
     昼からは太陽の暖かい陽射し~~嬉しいねぇ☆
    
    
    
     Eちゃん可愛い ありがとぅ
            可愛い箱&Cristmasカード PC238489.jpg

     
          PC238468_20071223202453.jpg
                               PC238469.jpg


      箱の中は・・・・・・・・・
           ずっと欲しかったダックスの箸置き PC238492.jpg

            カードにはいつものEちゃんらしい配慮と優しいメッセージ
            高校入試のちょっと手前での転校生同士
            (もぅ○0年前だけど)高校時代からの大切な友人
            いつも、かかさず季節のカードが届きます。。
            心からありがとぅ
              いつもなごむを気に掛けてくれて・・
                ダックスgoodsを選んでくれてアリガト
             大切に(早速)使わせていただきまぁ~す


   ***今日は、今年中にしたかったコトの1つ
       長い日記になるかもしれないけど頑張るわ!!(自己満足ダケだけど

             今年中に残しておきたかった3年前&ドンのこと
              言葉が不適切・不足で意味?のうえ
                長く重い。。。ですのでスルーしてくださぁ~い

         
          
          


  なごむ(3歳1ケ月と19日)
   
  ゴ近所さんの友人が3年前の秋、「飼おうかなぁ~」と楽しそうに
  話していました。
        
  飼育係は父の転勤で東京生活する前は地方で暮らしていました。
  庭<外飼>でを飼っていました。
  いつも捨てられている仔をみると拾ってきてしまぅの。。そぅだから雑種(mix♪)
  最初の2匹は腕の中で最期を・・
  でも、1匹(ドン)だけは、東京転居の時で両親にどんなにお願いしても「東京の
  住まいではドンの為にも可愛そう。一緒に連れて行けない」と言われ、ドンは
  可愛がってくれる優しい友人の家の子になりました。
  でも、1ケ月もしないうちに鎖を千切って逃げてしまったと聞き、私は父にお願いし
  一度、で暮らしていた家に戻りました。
  その日1日中捜したけど見つからず・・・
  暫くして隣隣町で下宿している兄が、いつも散歩していた河原で見かけた・・と。
  すっかり野犬になってしまっていて、目つきも変わり名前を呼んでも来なかったと。
  当時、中学生の私はどぅするコトも出来ず、ただ心の中でドンに謝り泣いて過ごした
  記憶が鮮明に残っています。
    人間の勝手で最後まで淋しい思いをさせて本当にごめんね。。
    いつか・・必ず会えるから、その時はいっぱい撫でて謝らせてね
     本当は犬を飼う資格のない私・・・・



   だから、友人の言葉に「私にはとても思い切れないコトかもっ」・・・と。
   その後、時間のある週末に友人についてペットショップに行くと。。。。。
   可愛い仔イッパイ 
   そのうちにネットでまで捜し始めて(しまい)
   あるお店のHPで見かけた新着仔犬が『なごむ』
   その週末には、行ってしまっていました。。ノコノコくっついて・・
    
   その仔はまだお店に出る前で、ブリーダーさん(?)から来たばかり!とのコトで
   お店の裏からお兄さんの片手に乗って私達の前に現れました。
     「あれっ。・。・。・・大人しい」が初めての印象
   今まで会った仔とは全然違って大人しい・・ブルブル震えている真っ黒な仔
      
   友人が「どぅしよぅ・・」と言うまで現実ヲ忘れてずっと抱いて話しかけていました
    友人が決めるコト:::::::::    一度、お店を出てお茶ヲして、、
  友人はその仔に決めるよぅでした。<予感的中>
    でも、翌月ペット可のマンションに引越し予定の友人
      
  その日(もぅ閉店間際の19:30頃でした)に連れて帰る為にはお家が・・
  大人しく可愛い仔犬・だから大丈夫かなぁ~と思い、「引越しまで預かろうカ」の
  一言が

    大人しく可愛い仔犬 =初日は静か
    でも翌日からは大鳴き・トイレも解らず<当然>・ケージから出せ出せの
      キャンキャン・・・・・・・
     そして騒ぎ疲れてハ寝るの繰り返し
     細い犬歯でハムハム噛む噛む・泣き喚くと止まらない。
     トイレはお互いの学習・・・が連日

     急いで「ペットの飼い方」をいろいろ読んで調べて・・・
     初心者マーク同士の人間&犬 人はノイローゼ寸前の時が多い
     でも、可愛いぃ~~は、どこか短期間の預りの無責任サ
      だったのかも

  2週間が過ぎて、「もぅ少しでBybeyだね」と思った頃
  食欲だけは旺盛なチビ君が、ある朝・・フードを食べません
  ふやかした1粒ずつを口に持っていっても2粒位食べると口を開きません
  ニュートロも受け付けないけど買ったばかりの、病気,,,ナンテ想像も
  していないので「なぜ?」と不安ばかり
        
  ペットショップから来た翌週末には近所の<幸運にも別の友人の
  がお世話になっている病院の先輩の獣医サンがゴ近所だったので> 
  に健康診断を受けていたので連れて行きました。

  10日前から体重が少し増え、症状ヲ伝えて診察を受けても理由は解らず、
  栄養補給は必要なので砂糖水をコットンに含んで飲ませ様子を見るコトに
  翌日、、全く食べなくなり、何も食べていないのに嘔吐の繰り返し
  仕事中も気になって早退・・病院へ連れて行っても?
  その翌日は仕事納め、雪が舞って寒い日でしたが急いで帰宅するとチビ君は
  ぐったり~~
  急いでに電話をして向かいました
  先生もこの数日の診察でいろいろと考えてくださっていて「まさかと思うけど
  便検査ヲするわ」
  その日の夜、診察時間の20時過ぎに自宅のが鳴りました
   からでした・・・・「すぐ・すぐになごむヲ連れてきて!」
  事情も理解しないまま雪の中、毛布に包んでなごむをに連れて
  行きました。
  ゛パルボウィルス感染症゛って解る?の先生の言葉に??????
  獣医書を出してきて「説明している時間がないから自分で読んで」と印がついた
  ページを開いて渡され、先生はなごむの処置を。

  先生1人のです。
  小さななごむに点滴の針を刺す手伝で本当に大変な状態を実感。
  「仔犬が感染すると助かる可能性は低い病気だけど、やるだけやる?」と真剣
  な目で聞かれました。勿論、迷わず「はい。お願いします」
  3日間、インターフェロンを続け、菌がこれに勝てば助かると・・
  声を出して泣いている私に「この仔がこんなに頑張っているのに泣かないで!」と
  怒りました。
  :::::そぅです。苦しい数日を頑張って今、元気になる為に病気と戦うンだもん
 
  入院したのは12月30日。3日間・・年末・年始。診てくださるのか・・と不安ガ。
  何も聞かないうちに先生が「私がついているから」と心強く言ってくださいました。
 
  処置をした後、遅くまで病気の説明・治療を丁寧に解りやすく説明してくれました。
  
  この時の約束:「お家に帰りたいと励みになるよぅに毎日面会に来てあげて!
        事態が急変したらすぐに連絡をするけど間に合わなくても任せて!
        元気になるまで泣かないで応援してあげて!
              そして、ペットショップに連絡をして!」でした。

  翌日:31日病院は休診日:約束の時間に面会に行くと先生は血まみれで交通
  事故で怪我をしたの治療をしていました。
  処置が終わると電話・・・声だけ聞こえる。。「あなたも獣医でしょ。お正月ナンテ
  言っていないで主治医として診てあげて。家は無理なのょ」
  多分、交通事故で大怪我のを預かれないのはなごむが居るから
  (小さな病院でなごむが無菌室を使ってしまっているから・・・)、友達の獣医への
  電話だったと思います。 先生らしいデス
        
  細い身体でギブスで固定した大きなを自分で担ぎ、飼い主さんの
  車に大事に運びながら先生は「頑張るンだょ」と話しかけていました。その姿に、
  獣医・動物病院の存在と意味、言葉はなくても心、に感動しました。
         
  3年前の大晦日は東京でも大雪
  実家へ帰省の連絡が遅れているうえにを預かって生活しているコト
  、しかもその仔犬が病気で命危ない状態で入院しているコトも言えず、体調不良を
  理由に東京で過ごしました。

   2005年元旦、朝9時の
   ドキッ  冷静に・・電話に出ると「今日のお見舞いの時にささみヲ
   持って来て!」
     ::::怖くて聞けなかったなごむの様子
   約束の面会時間に行くとニコニコ顔の先生
   「年が変わる頃、自分で起き出してフードを1粒ずつ5粒だけ食べたのょ。
     良い年明けだったワ。大好きなささみヲ食べさせてokよ♪」
         先生は大晦日の晩、病院でなごむと年越しヲされたそぅです

   この瞬間、涙が止まりませんでした
   何日も流した不安・悲しい涙とは違う嬉しい安心の涙でした
   「ママがお休み中に一度お家に帰っておいで♪」と1月3日は一緒に帰宅
   翌日は仕事始めで出勤。。「あっ、朝、出勤前に病院に預けて行って。管理人サン
   にお願いしておきますから大丈夫よぉ~」
   
   翌朝、病院に行くと管理人サンが鍵をあけて待っていてくれました
   なごむがいたケース には大きな張り紙
     『なごむ君にはママさん以外は手を触れないであげてね』と・・・
       配慮(他の方や動物・なごむへ)にツーンと目が・・改めて先生に感謝
   どんどん元気になって、5日からはいつものお留守番犬復活!!

   なごむの入院中
   先生からのアドヴァイスもあり、ペットショッフになごむの病気を伝えアポのうえお店に
   出向き、場所を変えて話しをしました
   目的は「同じ時期になごむと一緒に居た仔の様子を心配して欲しい・・・
   少しでも嘔吐や食欲不振の仔が居たら飼い主さんに診察を勧めて欲しいコト。
   ひどい症状の仔が居たらなごむにパルボウィルスが発症したコトを伝えて欲しい。
   そして、小さななごむが頑張っているコト。」
   :::::が、とても残念なコトにお店の方が口にしたのは「同じよぅなダックスの仔を
      捜しています」
   想像もしていなかった言葉 
   翌日の責任者からの連絡では「治療費は保険で全て負担します」
   そして「その子は長く生きられないと思いますので、私共で責任を以って再度   
   健康な仔を・・・・」
     「長生き出来ないって・・・どの位ですか」
     「それだけの病気・治療をしていますし、
       他にも悪いトコロがあるよぅですから3年!?」
 
  友人は仕事が忙しく家に居る時間もなく犬を飼うコトに不安を感じ迷っていたので、
その場で「なごむは私が責任ヲ以って飼育します
  宣言をした私
      
  (正直、一緒にその場にいた友人の気持ち・友人はどぅ考えていたのかは
    聞けずにいます。責任と一緒にペットショップでの費用を友人に払って
     なごむの一生を引き受けました・・)
           -------これが飼育係となった経緯です====

   生きて3年
    一瞬のこの発言・言葉が事実かを確認するのが怖く、今まで
    でも口にできませんでした。
    実際、ペットショップの方が病気のコト・やなごむを正しく理解して口にした言葉
    だったかは?です
      
    でも、飼育係はこの言葉が頭から消えたことはありません
    だから、だから、3歳を迎える前に、絶対に記録(ブログ)を始めたかっタ。。
    そして、なごむは元気に3歳を迎えました
    病気や怪我が多く、骨格・内臓に問題もいっぱいあるけど
      元気に今日も生きています
      
    3年前の年末年始という特別な時期にも関わらずなごむの治療に携わって
    くださった先生
    なごむが元気になった2ケ月後・・先生は急逝されました
    4月の先生の誕生日にはお祝いの日本酒ヲ~の約束だったのに・・
    病気が完治したら躾のコトも話そうネ・・とあの時・これからの心の支えでした・・ 
     だから
     命の恩人の高野先生が助けてくださった命を必ず大切にし、守ります

    先生に恥ずかしくないよぅにドタバタでも
    これからもずっ~~と精一杯した!で一緒に生きていこうネ!なごむ

        

☆長文の最期に
  *お友達へ
   私の負担を考えて「なごむヲちゃんと引き取るょ」の言葉。
    ごめんね、必死ダッタカラ。
   なごむへの想いと皆さんの応援と一緒にこれからも楽しく~頑張るょ。 
  *ペットショップを少しも悪く思ってはおりません。それぞれの立場と思い入れの
    違いで誤解が生じることもあります・・・
    ただ、大切な気持ちには言葉・思いやりが支えです。
    その節はお世話になりました
  *高野先生。。今でももぅ一度会って御礼を伝えたいです。
    「もぅイイノ」と返事が想像できますが、先生のコトは決して忘れません。
   先生の偉大さ・ボランティアのことを知ってから、少しでもお役に立てるよぅに
   私も出来ることから・・始めています。

  *この時期(東京へ来たのが12月)には必ず思い出すドン。ごめんね。
   会える時までドンの分も頑張るからネ
   
 人も動物も・・・縁ですネ。 サンタさん
        
        謝る気持ちと守る気持ちが届きますよぅに・・・

                 

スポンサーサイト



● COMMENT ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nagotan.blog106.fc2.com/tb.php/230-f5cb31b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Cristmasイヴ☆ «  | BLOG TOP |  » 眠れない週末・・・

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

飼育係

Author:飼育係
B型・うお座 ‘なごむ’と一緒の毎日を楽しむ私

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる