FC2ブログ
topimage

2020-08

ロング留守番も頑張った1週間♪ - 2010.12.11 Sat

 






    
          今日も暖かい週末の土曜日 (AMの風は強かったぁ)
         
                          
              週末限定の王様ソファ(←勝手な命名)
                  の上でポカポカまったり
               ぐすん
                  *日記を書かない=写真も撮らなかった今週
                    会社の忘年会weekでロング留守番あり・・
                       良く頑張りました☆ありがと




        今日は朝1番に私が病院(風邪で喉がイタタ
         &お散歩兼ねて一緒に近所のM動物病院へ・・

        その後、実は・・今日も留守番なごむ


   年に1度の楽しみ・・元職場メンバーでの『女史会』へ
    今年は『ザ・リッツ・カールトン東京』 45F
 PC112501.jpg PC112502.jpg
 PC112510.jpg PC112512.jpg


         楽しぃ時間はあっという間に・・
          夕暮れのミッドタウンにはすごい人の流れがありました
            Cristmasイルミネーション、、キレイだもんね♪


                               Cristmasまであと2週間・・
      
         








  


       往復の1人の時間・・やっぱり考えてしまぅ今日の診察
         *迷いでも・・不安でもないけど、
           気になるし、今後気にしてゆくべきコト
             可能性の1つとして知って良かったコト

       
        今日の通院は・・肛門腺絞り   
          前回2日に処置して・・9日目、昨晩遅く、隠れてペチャペチャ
          イジイジの舐めだと思ったら・・・・おちりがビッショリ・・でプォーン

          受付でも元気に「肛門腺絞りだけお願いします!」
           M動物病院は・・肛門腺絞りも院長が丁寧に処置してくれるので安心
           (なごむの場合は指を入れて~になるのでトリマーさんには伝えにくい)
           診察台で・・いつものよぅに・・ゆっくりと~
           「やっぱり溜っているンだね、暫く10日間隔で診てみましょう」
          
             1人の獣医師がなごむを抱えてくれて・・院長の処置
              私は手を離して見ていたから・・きづいた
               処置のあるタイミングで、左後足を走る時と同じよぅにあげる
               院長にすぐに聞いてみました
                当然、絞っている院長は気づかないのでえっ??・・
                 何度繰り返しても同じ =左後足をケンケンとあげる

               膝・腰の状態を触診で丁寧に診ていました
                ナックリング・後ろ足だけでのバックの状態 ナドナド
               そのあと、上向きにしたなごむのお腹の触診・・長い時間・・
                 無言のまま真剣な表情
                    思いがけない緊迫の空気にこの私も言葉が出ず・・  
                 聞かれたコトは
                   ①去勢手術の時期と方法
                   ②脂肪織炎の症状と箇所
                   ③舐めた跡がしっかり残っているお腹の場所のこと


        きちんとした検査をしての結果ではないので・・
         今日の触診で私がそぅではないか・・と思うコトですが・・の前置きで
          ■股関節形成不全であっも、この子は左右の足の筋肉は同じよぅに
            ついているので、今は股関節箇所を気にしての症状は心配ないかと・・
          ■膝は緩いけど、きちんとパットをついてしっかり歩いていると思う
          ■去勢手術の時のお腹に残した絹糸が留まる場所の説明
          ■右は勿論(脂肪織炎の箇所)だけではなく、左の腹部・わき腹にも絹糸
            なのか・・何か異物を感じる
          ■なごむ自身もこの異物の存在に違和感があり、舐める・気になって
            無意識に足をあげるという行動の可能性もある・・のでは・・

           この説明で・・私自身思い当たるコトがあったのでいろいろ質問・説明で
            診察時間が長くなって、なごむはグッタリ ごめんネ

           絹糸・・を悔やんで悔やんでいるけど・・今ではもぅ仕方ないこと
            肉芽腫や免疫介在の脂肪織炎、、だけではなく他にも心配な要因となる
             ことを改めて感じた今日
                
             今後のことの予測・・可能性として・・で
              良い・悪い・変わらないこと、そしてリスクも聞いてきました

                 可能性としか答えられない状況なのに・・
                  丁寧に・・穏やかな笑顔で話してくれた院長に感謝
                                    
                                    **病院の記録メモ**


                  
                           
スポンサーサイト



青空のお台場へ♪ ① «  | BLOG TOP |  » 「THE HERBS Healthy Dog Life」 lesson5・6

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

飼育係

Author:飼育係
B型・うお座 ‘なごむ’と一緒の毎日を楽しむ私

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる