FC2ブログ
topimage

2011-02

『特別セミナーin東京』 -血液生化学検査- 記録 - 2011.02.22 Tue

 






         久しぶり~の・・朝から

           おやつを詰めた‘コング’を見た瞬間
             :::::::::クレートIN

              なぜ・・クレート?
                                   *掃除機の時の習慣
                           だけど、今朝はそんな余裕も時間もないょ


   


      先週末(2/19)に参加したセミナー
         本村伸子先生の『特別セミナーin東京』 -血液生化学検査-  
          の記録  ≪抜粋≫


         健康チェック・指標になる血液検査
          なごむの血液検査は・・・・過去4回
           *1回はステロイド服用中(2010.06)/この時の数値は単発・記録としてのみ

           いつも、獣医師の説明+基準値・読み方資料を参考
           でも、セミナーで良く耳にする「○○(血液検査項目)が高い・低いから
             △△(臓器)が悪いとは限らない・・・」をきちんと知りたくて・・

           難しいカモ・・はやっぱり難しかった
            でも、本村先生の話し、呟きには、いつものププッの笑い満載
            とっても解りやすく、獣医師としての知識、先生の引き出しオールオープンで説明
             していただいた時間は・・・大充実
              そして・・楽しかった


         この日の資料(この日用に先生が用意してくださるレジュメ)は10ページ
          *レジュメには、それぞれの検査項目の説明・基準値(犬・猫)が記載あり
           私の記録メモで誤りがあってはいけないので・・ここでは詳細はナシに 
          *使用したテキストは2冊
           「改訂版/胃腸が弱いではすまされない」「ペットの老後を健やかに」

            My記録(復習メモ)がすごい量に
                    ・・の分、今日は文字が多いです!!



      -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

      最初に・・
       ■血液検査とは
         採血した血液を試験管に入れて暫くした・・・
          下に血球成分(赤い沈殿物)40% =血液一般検査 
          上に血清成分       60% =血液生化学検査
 
       ■病院(検査機関)によって数値は異なる
       ■血液検査を受ける時の注意
         正確な数値を知る、健康チェックの比較のために・・
          ※絶食
          ※運動をさせない(激しい運動後は1週間程数値に表れるコトがある)
          ※ストレス(夏場の暑さ・家族の言い争いナドは数値に影響する)
          ※同じ条件(季節(春・秋が◎・時刻など)


   セミナーでは、下記の検査項目1ツずつ・・
       働き・生成・増減によっての症状(疑われる病気)の説明ヲ
       そして、1項目だけではなく総合的に判断する必要がある意味を・・しっかり☆

         前半/血液一般検査について
            1.赤血球【RBC】
            2.血小板数【PLT】
            3.へもグロビン【Hb】
            4.ヘマトクリット【Ht/PCV】
            ヘマトが低い=貧血が疑われる場合には 
               5.赤血球平均恒数 【MCV】【MCH】【MCHV】
            6.白血球【WBC】
               ①分葉好中球 ②好酸球 ③好塩基球 ④リンパ球 
 
         後半/血液生化学検査について
            1.総蛋白【TP】
            2.アルブミン【ALB】
            3.総ビリルビン【T-BIL】
            4.アミノトランスフェラーゼ【ALT/AST】
            5.乳酸脱水素酵素【LDH】
            6.アルカリフォスファターゼ【ALP】
            7.γーグルタミルトランスフェラーゼ【γーGTP】
            8.クレアチンキナーゼ【CK】
            膵臓の疾患を疑う時に調べる
              9.アミラーゼ(リパーゼ)
           10.血液尿素窒素【BUN】
           11.クレアチニン【】
           12.総コレステロール【T-CHO】
           13.中性脂肪【TG】
           14.グルコース【GLU】
           15.カルシウム
           16.リン
           17.カリウム【K】
           18.ナトリウム【Na】
           19.クロール【Cl】
                  *自分用に全てを記載しました・・目を通してくれてアリガト
     
    検査項目については勿論、併せ私にとっても勉強になったコト<要点>
       
       ■肝臓のこと
         体重の3%程を占める・・体内で最も大きな臓器=重要な臓器
           主には、①消化・胆汁の合成・分泌
                ②栄養素の調整と貯蔵
                ③赤血球分解作用
                ④血液成分・構成の合成
                ⑤解毒昨日      と大事な働きたくさん!
       
         もし・・体重が増加しても・・・・肝臓の大きさは変わらない
            病院で処方される薬は体重に合わせての量
               =解毒など・・肝臓の負担(働き)が増える
                ***肝臓の状態を知るには
                   A(アルブミン)/G(グロブリン)比の数値 他を
                    総合的にみる必要がある  
    
       ■生食の個体の傾向
          フードを食べている子よりHt/PCV・TP・BUNの数値が高い傾向がある
            *それぞれの働きを知ると・・納得☆
 
       ■エネルギー源
          エネルギー源(脂肪・蛋白質・ブドウ糖)
           蛋白質:エネルギー源の他に筋肉の一部になる・アルブミンの生成・グロブリン免疫
                皮膚・爪・毛にも働く  
           脂肪・ブドウ糖:エネルギーにはなるけれど、蛋白質と同じ働きはできない

          ※低蛋白な食事・蛋白質不足の状態の場合
            脂肪・ブドウ糖でエネルギーを補えないと身体に蓄えられた蛋白質を利用する
             ので蛋白質・クレアチンの数値がUP =腎臓に負担
          ※身体を生成に蛋白質を使い、脂肪・ブドウ糖を上手に使うこと
             エネルギー源をどこから持ってくるかが、とても大事
          ※犬の場合
            腎臓に問題があったり・シニアでも最低2%の蛋白質を摂取
          ※高蛋白質の食事の後は、次の食事までしっかり時間を空ける
             (個体差はあるが、BUN処理のため)             
             
       ■水分補給
          血清ナトリウム濃度:身体の中で厳格に調整されている
          ※低ナトリウム血症の要因となるのが
            ①ナトリウムの喪失
              発汗・過呼吸時に水を与えることで・・・体内のナトリウムを薄めてしまい、
              一層ナトリウムのバランスを崩してしまうことがある
            ②過剰な水分補給によるナトリウムの希釈
              腹水・水中毒など・・と過剰な水分は胃酸を薄めてしまう
          ※塩分補給の重要性



          
                 :::::::::などなど、とっても勉強になったセミナーでした


                     誤り箇所はきちんと訂正します
               
  
          追記<私用>
           腎臓が悪い:BUN・クレアチニン・リンの数値を総合的にみる必要あり 




       
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

プロフィール

飼育係

Author:飼育係
B型・うお座 ‘なごむ’と一緒の毎日を楽しむ私

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる