FC2ブログ
topimage

2010-08

『第5回 Eat&Hartセミナー』 - 2010.08.24 Tue

    




       日曜日(8╱22)のセミナーの記録  <ロングロングです・・

             
             
      直子先生の「1年ぶりです!」の言葉でスタート
       去年の8月末 「Eat&Hart」セミナーの第1回目と同じ8月、同じ場所・時間
        講師:大好き尊敬する 本村直子・伸子先生


      ■「フレンドの遺言状」  /直子先生
          *私の心にある記録*

         癌・余命1ケ月の宣告を受けた時、フレンドは5歳
         その日から・・ただ「生きたい」の想いで大好きな人(直子先生)と
          過ごした時間は6年
         フレンドの存在がナチュラルケアのきっかけで、直子・伸子先生の「Eat&Hart」に・・

         フレンドの飼い主の直子先生の言葉と・・号泣で読んだ『フレンドの遺言状』の
          ページで重なる時には・・・ウゥ・・と涙を堪え(たつもり)
          凛とした直子先生が・・言葉を止める間には上を向いた☆
                          でも、泣いていたよね~~


         フレンドの話しをする直子先生の姿には・・フレンドへの誇りと想いが・・
          それは・・涙の意味を変える程の・・心に響く暖かさ

         犬の幸せは     
           ・・・「飼い主に愛され、きちんと責任をもつ飼い主と過ごすこと」
            犬(猫)には食事・環境などを選択することはできない・・
            最期を決める辛い選択の時もある・・

         飼い主が悩み、迷い、決心・決断したことを行動
           その結果を受け入れる、これが責任を持つこと
       
     「飼い主が犬(猫)を想い決断したこと・・それはその犬(猫)にとって正しいことです」
                         ・・・これから、ずっと胸に留めていく言葉

          何度も‘責任’と‘バランスが大事’・・と、深い優しさの笑顔の直子先生



    ここで伸子先生にバトンタッチ
     まずは~休憩(マーキングタイム)!!」と・・いつもの笑顔

    休憩を終え後半スタート
     当日のレジュメ、割愛で進めます(時間の押せ押せにより・・
     でも・・伸子先生は‘知っておくべき’‘関連するより深い知識’で全てを理解できる
      よぅに言葉を選んで話しをしてくれます。 ←すっごく感謝なのです
    
      「解ると?(福岡弁)」 にもすっかり慣れていた☆


     今回の記録を残すのに【ここ】↓
              復習しても中途半端な言葉でしかまとめられず・・
               今の精一杯  <笑


       
     正しくワクチンを理解する為に必要な知識『免疫』の話しから
      (「ちと難しいンだなぁ~」と先生もボソッ)

     Ⅰ.免疫について
        ■免疫とは・・
         「自己」(生まれつき自分の身体に存在するもの)と「非自己」(異物<細菌・
          ウィルス・真菌など)を識別し、非自己を排除しようとする身体の働きのこと
        ■免疫には・・
          1.自然免疫(先天性免疫)
                 :外部からの微生物の侵入に対して、もともとある生体防御能
 
               微生物の侵入
                      1st防御=物理的防御 <鼻毛・くしゃみ・咳など>
               体内に侵入した微生物       ↓
                      科学的防御 <胃酸・リゾチーム(細菌を溶かす酵素)などで
                              殺菌成分で化学的に攻撃>
               それでも生き残った微生物   ↓
                      免疫細胞(好中球・マクロファージ)が攻撃
               さらに生き残った微生物     ↓
                             獲得免疫が働く

                       身体って・・すごいなぁ~と思って・・☆

          2.獲得免疫(後天性免疫)
             生後・外部からの刺激により獲得する免疫
             抗体を作り出す・・・・人為的に誘導する目的=予防接種

         獲得免疫(抗体をつくる)前には自然免疫が働く
          常に皮膚・粘膜(腸管・鼻)などで自然免疫が外敵侵入から身体を守っている
           ※ 免疫を高める=皮膚・粘膜を強化が大切
           -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
            犬・猫に大事なコト  
             ※ 免疫を高める=皮膚・粘膜強化の食事                
                強い胃酸  =細菌などを殺す
                 強酸を分泌させる生活(食事間を空けるナド)が大事 
           -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

         ■免疫細胞には・・
           リンパ球でつくられる生体を守る異なる2つ
          1.体液性免疫 
              ・細菌・ウィルスを直接攻撃
              ・その中のIgGが血液中出現する =抗体価検査の結果 
                  余談ですが・・IgE=アレルギーに関係する 
          2.細胞性免疫 
              ・ターゲットは自分の細胞(隠れている異常に攻撃する)
              ・抗体検査では計測不可
                  (不活性ワクチンは刺激しない)  
          3.分泌性免疫
              ・体液性免疫によるもので血液中ではなく粘膜細胞内でつくられる

        ■抗体検査について
           抗体価測定できるのは・・体液性免疫(IgG)のみ 
           それでも・・意味はある!
             ・きちんと予防されているかを知る
             ・ワクチン無反応(抗体を作れない)・弱い抗体しか作れない
                の個体を見出す =甲状腺の問題が多い
             ・身体への負担の軽減
                抗体価があるorワクチンに無反応の個体への接種を避けれる
                効力・必要アリの単体ワクチン接種の選択OK

     Ⅱ ワクチン接種
        ■ワクチンには
          1. コアアクチン/ノンコアワクチン
              コアワクチン(全ての犬に・・)  :パルボ・ジステンバー・アデノウィルスⅡ型・狂犬病
              ノンコアワクチン(環境に応じて・・):パラインフルエンザ・レプトスピラ
          2.生ワクチン/不活性ワクチン
              生ワクチン  :生きたウィルスを弱らせたモノで感染させる
                      IgGを攻める・体液性+分泌性免疫を刺激 
              不活性ワクチン:病原菌を殺した(免疫原性弱)状態のモノ

         *****また、接種は個体の大きさに関係なく1匹:ワクチン1本!?
                          だったので、話を聞けて良かった・*****


         大切な家族を病気から守る為のこと
           誤解がないよぅに・・と『私の呟きメモ』

             ・ワクチン混合の種類が増えれば「負担・免疫抑制」が生じる
             ・過剰ワクチン接種とならないよぅに
               ※抗体検査を受ける
                 抗体があるのにワクチン接種は無意味
                 低下しているワクチンを知る→必要であればそれを単体で
                 自然感染を知ることができる
               ※個々の環境(ライフスタイル)に必要なワクチンだけを接種
             ・過剰ワクチン接種による副作用(アナフィラキシー・ジステンバー脳炎など様々)・
                疑われる副反応(腎疾患・アレルギーなど様々)を知っておくべき
             ・接種時には
                健康体・心身のストレスのない状態で
                免疫力UPの食事ヲ
                免疫疾患・高齢には・・接種を控える
                妊娠・授乳中・発情期には絶対しない
                        <仔犬の移行抗体に影響する>
                              他にもいっぱい~~

        義務の狂犬病を除き、「抗体検査をする」・接種は「毎年」or「○年おき」・「混合ワクチン○種」
         の選択・決断も飼い主です。
        予防充分の効力で大切な家族を守りたい・・・と願うから。



      この日のセミナー
      最後は直子先生からのAC(アニマルコミュニケーター)のお話がありました。
 
       ドッグトレーナーの直子先生・獣医師の伸子先生
       そして飼い主にも解る犬の感情(痛い・楽しぃ)
         これからは「心」を知ることも必要・・と

        実際に行われたセッションでの飼い主・犬の心の紹介がありました
        心痛ッと笑い!
 
         犬からのメッセージは1つ・・「僕(私)のことを見て笑っていて☆」


    
       本村先生at東京での連続セミナーはこの日で終了(今後未定)
          とっても淋しい・・

          

       最終回、心で聞き、胸に留めた言葉は忘れない
             ただ、記録メモ(今日の記事)合っているのだろぅか~~



            私の・・
             いつも食に前向きな
             『一生の一頭』
               

      
                       *後日、読み返し・・誤りはきちんと修正します!*





      
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

飼育係

Author:飼育係
B型・うお座 ‘なごむ’と一緒の毎日を楽しむ私

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる